Beauty

更年期障害について

更年期障害は女性特有の症状と考えられてきましたが、医療関係者の努力もあり、男性の更年期障害の存在も知られるようになりました。しかし受診率は高いと言えません。今後は企業や自治体などでの健康診断で検査項目に加えられてゆくものと予測されます。

 Read More

男性も要注意

お腹ポッコリで苦しいという方に知ってほしい便秘解消に効果的なお茶のランキングを発表しているサイトがこちらです。

男女の共通問題

更年期障害という単語、女性の問題と認識する方は少なくありません。
しかし、更年期障害の始まりはホルモンバランスが崩れて起こることです。
女性だけではなく、男性にももちろん更年期障害が訪れます。
そもそも、男性の更年期障害は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンの分泌量減少に起因します。
テストステロンと呼ばれるホルモンが一番分泌されているのが20代とされ、それ以降では徐々に分泌量が減っていきます。
この男性ホルモンが減少することによって、EDや性欲減退いった症状が引き起こされてしまいます。
しかし、更年期障害の真の症状はそれだけではありません。
ホルモンの分泌量が少なくなることで、身体的な問題だけではなく、精神的な問題をも引き起こしてしまいます。

精神面でダメージ

男性の更年期障害において、引き起こされる精神的な影響として、やる気の減少、うつの症状といった精神面を始め、
筋肉痛、脳梗塞といった日常的な物から命に関わるものまであります。
ホルモンバランスが崩れる事によって、様々な悪い症状を引き起こしてしまいます。
このホルモンの分泌量も個人差があり、気にならない人も居れば、やる気の減退に苦しむ人も居ます。
女性は閉経があるため、ホルモンの分泌が一気に変化してしまう為、女性の更年期障害が目立ちがちですが、
その影では男性の更年期障害に苦しむ人も少なくありません。
集中が出来ない、よく眠れない、イライラしているといった症状があれば、男性更年期障害の可能性があります。
そういった症状がある場合は、医師に相談するようにしましょう。

ホルモン治療体験談

私は、男性ホルモンの数値テストステロンの極度の低下により、うつ病の症状と似た症状が発症した。男性ホルモン補充療法の治療をした結果、4か月でテストステロンは、40歳代の数値に回復し、1年後にはうつっぽい症状は完治し、男性更年期障害を克服した。

 Read More

更年期障害に対策!【男性の健康な生活ガイド】

男性も抱える更年期障害の悩みは、発症がわかりづらく自覚までに深刻化する傾向があります。本人よりも、回りにいる友人や家族の方のほうが気づく事もあるので、気づいたら早めの相談を心がけるようにしましょう。

 Read More