Beauty

更年期障害について

40代になったら、診察を受けることをおすすめします。

もともと更年期障害は中高年の女性特有の症状と考えられてきましたが、最近では40代以上の男性でも、更年期障害になることがわかっています。 男性の更年期障害は、男性ホルモンの低下によって起きるものと考えられ、性欲低下、発汗、ほてり、めまい、疲労感、うつ症状を呈することが知られています。 男性の更年期障害の治療は男性ホルモン補充療法が主なものとなります。 補充の方法は、経口薬、塗り薬、注射療法などがあります。 日本では注射療法を中心に治療が行われ、3ヶ月ほど経過観察を行いながら治療します。 男性の更年期障害は最近では認知度が上がってきていますが、気づくことが遅れる場合が多々、見受けられます。 気になる症状のある場合は、病院などで血液検査などを受けることをおすすめします。

今後は健康診断などでの検査項目に加えられることも予測されています。

更年期障害は男性でも症状を発することは広く知られるようになりました。 しかし、受診率はまだまだ満足のいく状況とは言えないのが現状です。 男性の更年期障害は40代から現れ始め、50代で顕著になります。 受診率が低い状態となっている要因の背景は、働き盛りの年齢でもあり、体調不良を自覚していても、病院で診察を受ける時間が取れなかったり、年齢を考えれば仕方がないといった考え方をする人が多いことなどが考えられます。 男性の更年期障害は、医療関係者などの努力によって広く周知されましたが、依然、病院での受診率は高いとは言えない状態です。 今後は企業や各自治体などで行われる健康診断などで男性の更年期障害を対象とした検査などが充実していくことが予測されます。